Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

業務用冷蔵庫と一般冷蔵庫の違い

業務用冷蔵庫と一般冷蔵庫を比較した場合冷蔵庫の機能が大きく違い、それに合わせた設置方法やメンテナンスの必要性を把握した上で利用しなければなりません。

業務用冷蔵庫について

最初に業務用冷蔵庫についてですが、一番大きな違いは冷蔵庫の大きさで飲食店にも設置できる規模の中には冷蔵機能そのものを一つの部屋に設置して冷蔵庫として使用するタイプの物まで存在しています。

規模が大きくなると設置の際に考慮しなければならない点が排水溝の有無で、冷蔵庫は中を冷却すると外との温度差で水滴が付着していくためその水滴を排水する場所を用意しなければなりません。

業務用規模の大きさになると当然排水量も多くなるため、排出された水をバケツで受け取るのも難しく排水路を含めた排水設備が必要になってきます。

同時に冷却規模が大きいので専用の電源ユニットを搭載しており、対応する電源コードも家庭用によくある二つ足の端子ではなく端子が三つあったりするので設置する場所に合わせた変換コネクタの準備が必要になってきます。

冷却機能について

肝心な冷却機能についてですが、業務用冷蔵庫の場合は一般的に気化圧縮型という方法で冷却するタイプになっています。

気化圧縮型とはコンプレッサーを使用して冷却するタイプでイソブタンやアンモニア等のガスを冷媒として使用しているタイプで、冷却効果も一般冷蔵庫とは比較にならない程高い事が特徴です。

ただしアンモニアを冷媒として使う場合は警報機やセンサー等を設置して、ガス漏洩に対応できるようにしておく必要があるため業務用で使用する際にも設置場所に注意する配慮が必要になります。

この様に冷蔵庫に必要な設備だけでなく冷蔵庫内部に設置されている機構も大規模になっており、規模の大きい冷蔵庫の場合は1000リットルを超える定格内容積を保有している物も存在し、価格帯も30万円以上の高額な物がほとんどになっています。

一般冷蔵庫について

次に一般冷蔵庫についてですが、バリエーションが多いという特徴があります。

一般家庭での利用を想定しているため冷却設備も小型化されており、業務用と比較して冷却効果が低く設定されています。

直冷式について

小型の冷蔵庫に関しては業務用の様に自動で排水を行ってくれる設備を設置していないため、冷蔵庫内部に霜が発生するタイプが存在しています。

これを直冷式と呼んでおりある程度霜が蓄積してきたら手動で霜を除去しないと冷却効果が低下してしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

霜取りのメンテナンスが必要な冷蔵庫に関しては付属品として霜を取るためのヘラが付属してる事も多く、これを使い除去していく事になります。

ただし一般用でも大きなタワー型に関しては霜取りが必要のない冷却機構を搭載している事が多く、冷蔵庫を購入する人はこの霜取りの有無によって購入基準を設ける人も多数います。

小型冷蔵庫はコストパフォーマンスという点では非常に高く、直冷式の物は1万円以下の物が存在しており車にも設置できるためキャンピングカー用に購入するという利用意図が多い点も大きな特徴です。

この様に小型冷蔵庫は設置に便利な点が人気を呼んでいますが、注意点として夏や冬等の局地的な季節の使用には念入りのメンテナンスが必要という点を留意しなければなりません。

夏の場合は内部機関に付着した霜が解けて大量の水が出てくるので、設置場所をシンクの傍等排水できる場所に限定し排水処理の手間を少なくする工夫が必要になってきます。

そして冬の場合は小型冷蔵庫の冷却設備が直冷式という周囲の空気を冷却する仕様であるため、寒いと霜が付着しやすく冷却効果が低くなってしまうので頻繁に霜取りをする必要があります。

業務用冷蔵庫と比較

この様に業務用冷蔵庫と比較してメンテナンスの手間はありますが、価格の安さと設置しやすさの相乗効果で非常に人気になっています。

冷却設備にペルチェ効果型

また最近では一般冷蔵庫のさらなる小型化が実現しており、冷却設備にペルチェ効果型というタイプを採用した冷蔵庫も販売されています。

ペルチェ効果とは異なる金属を接合し電圧をかけると接合店で熱の吸収と放出が行われるので、この原理を利用して冷蔵庫内を冷却しています。

大規模な冷却設備を使用していない影響で作動音がほとんどしない点が注目されており、寝室に置く冷蔵庫として高い人気を集めています。

ただしペルチェ効果型は冷却効率が高くないため業務用冷蔵庫に利用される事は少なく、業務用で小型冷蔵庫を設置する場合にもコンプレッサーを使用したある程度大きさのある冷蔵庫を設置する事が望ましいとされています。

 

冷却設備と必要な設置環境の有無が大きな違い

業務用冷蔵庫と一般冷蔵庫はこの様に冷却設備と必要な設置環境の有無が大きな違いで、冷蔵庫の大きさや冷却効率によって値段も大きく上下します。

特に業務用を設置する際の排水設備の設置は欠かすことのできない設備な上に、設置場所も限られてくるためこれから出店計画を練る方は建造物の排水溝の場所を検討する条件に加える事をお勧めします。

また業務用途での冷蔵庫の設置は冷却機能も重要になってくるので、小型の冷蔵庫の購入時にも冷却効果の高いコンプレッサー式の物を購入する事をお勧めします。

冷蔵庫回収の検討がございましたら、是非宜しくお願い致します。


お客様サポート

冷蔵庫の買い替えや引越しで冷蔵庫が不用になりましたら、是非冷蔵庫回収のご検討をお願いします。
買取リユースに努めます。

ご検討中の方へ

冷蔵庫出張回収対応エリアの詳細です。

対応エリア

お問い合わせがありましたら、よくある質問をご参考ください。

よくある質問

対応エリアであれば、家電量販店の家電リサイクル回収よりお客様のコストや手間がなくお得です。

関連記事

  1. 冷蔵庫の種類を知る