Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷蔵庫の設置、修理を依頼する際の3つのポイント

冷蔵庫が古くなったので新しい物に買い替え、引越しなどをしたため設置場所などを移動した場合、冷えなくなったなどの冷蔵庫のトラブルが起こることがあります。
時間が経っても冷えないような場合は、購入した電気販売店やメーカーなどに修理を依頼しなければなりません。
しかし、電気店などにすぐ依頼するのではなく、いくつか点検をしてから依頼するようにした方が良いでしょう。

冷えなくなってしまう原因

新しく購入した場合や引っ越しなどで場所を移動した時に、冷えなくなってしまう場合ではいくつかの原因が考えられます。

冷蔵庫の設置場所考えられる「1つ目のポイント」

冷えない原因として考えられる1つ目のポイントは、設置場所についての確認をしてみましょう。冷蔵庫のような大型の家電製品は、場所をとるために壁などに対してギリギリに設置してしまう場合が多くあります。このように壁ギリギリの隙間がほとんどないような場合、熱を放出する事ができなくなるので、冷え難くなる原因になってしまいます。
メーカーなどの説明書や電気販売店などの説明では、熱を放熱するためのスペースを設けるよう説明があります。この隙間は、庫内の食料品などを冷やす時に出てくる熱を放出するためにスペースになっています。
隙間がない状態では熱を放出する事ができなくなるので、庫内を冷やすことができなくなってしまったのです。説明書などには、壁と15㎜以上のスペースを空けるように記載されています。このスペースは横だけではなく、上部にも必要になってきます。上部に必要なスペースは製品によって違いがありますが、40㎜以上必要になる場合が多くなっています。そのため、冷蔵庫の上に他の家電製品やキッチン用品や空き箱などを置いてしまっている場合は、熱を放出できなくなるので冷え難い原因になってしまいます。
このように、設置場所が原因になって冷え難くなっている場合があるので、周囲に必要な隙間が空いているか確かめるようにしましょう。
隙間が空いていない場合は、隙間を空けることで冷えるようになる場合があります。

冷蔵庫にシールを貼る「2つ目のポイント」

また、シールや紙などを周囲に貼っていても熱の放出を妨害してしまうため、冷え難くなることがあります。シールや紙などを剥がすと熱が放出しやすくなるので、冷え難さが解消される場合があります。

冷蔵庫に中への詰込み「3つ目のポイント」

修理を依頼する前には、食料品などの詰め方の確認も大切なポイントになってきます。
食料品などを庫内に詰め過ぎているような場合でも、冷え難くなってしまうことがあります。冷蔵庫の庫内には、冷気を噴き出すための吹き出し口が設置されています。
この吹き出し口から冷気を出し、庫内を冷やしています。
食料品を大量に詰め込んでいる時は、庫内にある吹き出し口を塞いでしまっている場合があります。吹き出し口が塞がれていると庫内に冷気が出難くなるので、冷え方があるくなる場合があります。
また、冷気は循環して庫内全体を冷やすようになっています。
食料品を詰め過ぎている時は、冷気の循環を妨げてしまいます。これでは庫内全体を冷やすことができなくなるので、あまり冷えなくなってしまいます。
食料品同士の隙間を空け、冷凍保存が可能な食料品などを冷凍庫に移して隙間を空けるようにしましょう。
説明書などにも食品の適切な配置方法などが記載されているので、それを参考にしながら隙間を空けるようにすると冷え方が改善する場合が多くなります。
また、冷凍庫は隙間が少ない方が冷却効果の向上がみられ、電気代の節約にもなります。
凍っている食品などが多い方が冷えも良くなってくるので、冷凍できる食品は冷凍保存しておく方が効果的に冷やすことができます。

食料品を詰め込んでいる時は、ドアの閉め忘れなどをしてしまう場合があります。
ドアが閉まっていなければ、冷気が出てしまうのでしっかりと冷やすことができません。
食品を詰めすぎていると、ドアに食料品が当たってしまい閉まっていない場合や、半開きのような状態になっている場合があります。
このような時は、ドアに食料品などが当たらないように注意するだけで、簡単に改善されます。

冷蔵庫と電源や設定状態の確認もポイント

冷蔵庫と電源や設定状態の確認も、修理を依頼する時に確認するポイントです。
家電製品は電気を利用して動く製品です。コンセントに電源プラグを差し込んでいない時は、家電製品は動くことができません。
扉を開けてみて庫内の照明が点灯しない場合や冷気の吹き出しがないような場合では、電源プラグをコンセントに差し込んでいない時があります。
このような場合は、電源プラグをコンセントに差し込むだけで冷える場合があります。
コンセントに差し込んでも照明が点灯せず冷気も出てこない時は、電源コードの断線や故障などが考えられます。
このような場合は、修理を依頼するようにした方が良いでしょう。
また、設定方法が適切でない時やエラー表示が出ている時も、冷え方が悪くなる場合があります。設定温度が高い場合は、設定を下げると改善する場合があります。
エラー表示が出ている場合は、説明書などでエラー表示の内容などを確認しましょう。
半ドアなおエラー表示の場合は、ドアの開閉で解消する場合があります。自分で対処できない場合は、修理を依頼すると良いでしょう。

修理を検討するときは、新しく買う製品と金額を必ず比べましょう。

冷蔵庫回収の検討がございましたら、是非宜しくお願い致します。


お客様サポート

冷蔵庫回収のご検討中の方へ

ご検討中の方へ

冷蔵庫出張回収対応エリアの詳細です。

対応エリア

お問い合わせがありましたら、よくある質問をご参考ください。

よくある質問

対応エリアであれば、家電量販店の家電リサイクル回収よりお客様のコストや手間がなくお得です。