Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プロが教える冷蔵庫の臭いを退治対処方法

キッチンでは様々な食材や調味料を使って料理をするため、どうしても調理器具や電子レンジなどに頑固な臭いがついてしまいがちです。特に冷蔵庫は調理前の生肉や生魚をはじめ、残り物なども保存するため、臭いが気になるという人も多いでしょう。冷蔵庫の中で何かがこぼれてしまった場合や汚れの付着時はもちろん、こまめに拭いたりして掃除をしていてもなかなか臭いが取れずに悩んでいる人も多いですが、臭いが気になる際にはその臭いの原因を確かめた上で匂いに対しての対策や対処をするのが最も効果的です。

冷蔵庫が匂ってしまう原因を知る

 

冷蔵庫が匂ってしまう原因としては、誤って中に入れている食品が腐ってしまい、その臭いが冷蔵庫全体に拡がってしみついてしまうという事も考えられますが、そのような臭いの原因と思われるものはないのに臭いが気になるという場合があります。

そのほとんどが黒カビをはじめとするカビなどの臭いや、臭いの強い食材を保管している場合や、酸化された食品の臭いが冷蔵庫内側の壁にうつってしまうことなどが原因とされています。

壁や棚、ドアポケット部分などをこまめに掃除しているのに匂ってくるという場合にはパッキンの部分や冷蔵庫の接合部分や霜取りのための渡連排水溝、冷機通路といった部分が原因になっている可能性も考えられます。

また、冷凍室においても、ビニールやプラスチック特有の匂いがなかなか取れない事があります。

冷凍の場合は冷蔵よりも長期間保存が可能となるため、長期にわたって保管している間にビニールやプラスチックの臭いが移ってしまうのです。また、逆にポリエチレンの場合は空気や臭いを通しやすいという性質があるため、冷凍庫についた臭いが中の食品にうつりやすいとも言えます。

 

電源を切って冷蔵庫としてではなく、保管庫として使用している場合には、冷蔵庫として使用していた時の臭いが取れないまま残ってしまっている場合や、雑菌が繁殖してしまい臭いを発生させているといった場合などが原因となっている可能性もあります。

このように、冷蔵庫臭には様々な原因が考えられるため、それぞれの原因に合わせてプロも実践している臭いの対処方法を紹介します。

プロも実践している臭いの対処方法

冷蔵庫の中や部品を清掃する【クエン酸(酸性)で掃除】

冷蔵庫の臭い対策や掃除におすすめなのはクエン酸です。クエン酸とは、梅干しやレモンなどの柑橘類に含まれている天然成分で、冷蔵庫はもちろん、様々な場所の掃除に活用することができる便利なアイテムです。

100円均一やドラッグストア、スーパーなどで簡単に手に入れることができるクエン酸は、一般的にでんぷんなどを発酵させて作られており、酸性なのでアルカリ性の汚れを中和させる働きがあるため、洗濯の仕上げに使用することもできますし、殺菌効果が高いため除菌としても使用することが出来ます。

クエン酸は無色無臭で水にも溶けやすく、様々な用途があるため重曹と並んでとても人気があります。

クエン酸で冷蔵庫内の掃除をする場合は、まずクエン酸を水に溶かしてクエン酸スプレーを作ります。霧状に出せるスプレーボトルを一つ用意しておき、小さじ2杯くらいのクエン酸に対して水500mlの割合が目安となります。

冷蔵庫内にスプレーをするために、中のものを一旦冷蔵庫の外に取り出したり別の場所に移動させたりして準備ができたら、汚れている場所や冷蔵庫内の壁や棚、ドアポケット等に数回クエン酸水をスプレーし、乾いた布やキッチンペーパーなどでふき取り、最後に再度乾拭きするだけととても簡単です。

冷蔵庫内はもちろん、冷蔵庫の外側の表面や取っての部分、ゴムパッキンの部分に使用することもできます。何度かこすって拭いても汚れが取れない場合には、高濃度に作ったクエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーを汚れた部分に張り付けてパックするのが効果的です。

上からラップをし、数時間放置するとしつこい汚れも簡単に落とす事ができます。油による汚れもある場合には重曹と併せて使用するとさらに効果的です。

冷蔵庫はもちろん、シンクなどの水回りの掃除にとても便利なクエン酸ですが、材質によっては使用できない場所があります。

大理石や鉄などの材質のものに使用すると錆びてしまう可能性があるため、注意する必要があります。

使用する場所の材質によっては注意が必要ではありますが、クエン酸は天然成分であるため環境にもやさしく手荒れなど体への影響も少ない使い易い便利アイテムです。

冷蔵庫はもちろん、電子レンジの庫内やシンクなど、何かと汚れがちなキッチンをはじめ、洗面台などにクエン酸スプレーのボトルを置いておき、汚れてしまった際にサッと拭き掃除をするようにすれば、簡単に綺麗な状態を保つことが出来ます。

冷蔵庫の清掃の仕方

冷蔵庫を掃除する場合、庫内のものが傷まないようにあらかじめ保冷バッグやクーラーボックス、発泡スチロールの箱などを用意するなどしておいて、庫内の物を外に出して掃除をするのが理想的です。

汚れや臭いがあまり気にならない場合やこまめに掃除をしている場合は庫内のものを取り出した後、庫内にクエン酸スプレーを吹き付けてふき取り、乾拭きするだけでも十分ですが、しばらく掃除をしていなかった場合や臭いや汚れが特に気になる場合には、庫内の食材や調味料、飲み物などをすべて取り出した後に、冷蔵庫の棚板やドアポケットなど、取り外せるものをすべて取り外し、外したパーツを食器用洗剤で洗い、乾いたら除菌効果のあるクエン酸スプレーやエタノールなどをスプレーし、乾拭きすると良いでしょう。

取り外せない部分や庫内の内側はクエン酸スプレーやエタノールなどをスプレーして乾拭きします。ゴムパッキンの部分や、細かい部分、汚れのたまりやすい隅の部分などは歯ブラシや綿棒などを使用して掃除すると奇麗に掃除することが出来ます。

 

クエン酸は天然成分で安心して使用することができるため、製氷機の掃除にも活躍します。しばらく製氷していなかった時や、長期間掃除をしていない製氷機の場合、氷の臭いやカスのようなものが混ざっていて気になるという経験をしたことがある人も多いでしょう。

目に見えなくてもカビが繁殖してしまっている事も考えられます。しかし、特に製氷機が内蔵されている冷蔵庫の場合、水が通るパイプが取り外せないタイプのものもありますし、タンク一つとっても様々な部品があるため、製氷機の掃除というと大変そうというイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、そんな製氷機もクエン酸を使うと簡単に掃除することが出来るのです。水300mlに対してクエン酸を大さじ1杯、食用色素の食紅を少々用意し、溶けるまでよく混ぜます。ちなみに食用色素を使用するのはクエン酸の氷かどうかを判断しやすくするためなので、なくても掃除は可能です。

浄水フィルターが付いている場合はフィルターを外したうえで、給水タンクにクエン酸水を入れ、タンクが空になるのを待ちます。タンクが空になったら水洗いをし、水道水を入れて冷蔵庫にセットし、空になったらまた水道水を入れてセットし、氷に色がつかなくなるまで氷を作ります。色や臭いがなくなればすすぎも完了となります。

ただし氷を何度も作るため時間がかかるので、パイプも取り外せる場合はすべて取り外してクエン酸水に浸け置き洗いをする事で早く掃除が出来ます。

どちらにしても、氷の使用頻度が増す夏前などに掃除をしておくと気持ちよく氷が使えるでしょう。

臭いがきつい食べ物を工夫し消臭剤を入れる

冷蔵庫の臭い対策をする際には、臭いの元となる食材の保存方法に気を付けることが大切となります。

特に臭いの元となりやすい4つの要注意食材とその保存方法を紹介します。

 

まず1つ目の要注意食材は生の魚です。

生の魚は冷蔵庫に入れても保存期間の目安は1日から2日と短く、時間とともに鮮度が落ちて独特の臭いが発生します。臭いの元であるトリメチルアミンという物質は魚のたんぱく質が時間とともに変化して発生するため、生の魚を保存する際はなるべく新鮮なうちに調理するようにしましょう。

 

2つ目の要注意食材はキムチです。

発酵食品で酸味や辛味が強く臭いの強い食材の一つです。特に酢酸の酸っぱい臭いは非常に強く、汁が一滴垂れただけでもかなりの臭いとなるので、こぼさないように注意しなければなりません。さらに、保存方法にも注意が必要で、プラスチック容器に入れるだけでは臭いを防ぐことが出来ません。臭いを完全に防ぎたい場合には、容器に入れたものをさらにビニール袋に入れてしっかりと口を縛り、さらに密閉容器や密閉袋などに入れてしっかり密閉するという3段階の対策がおすすめです。

3つ目の要注意食材はにんにくです。

にんにくの臭いの元はメチルメルカプタンという物質で、常温で保存すると芽が成長し、美味しさが損なわれるうえに臭いもより強くなります。そのため、にんにくを保管する際には株のままであれば丸ごと新聞紙などでくるみ冷蔵庫で保管するか、株をばらして保管する場合は一片ずつキッチンペーパーなどでくるんだ上、臭いが漏れないように密閉容器や密閉袋に入れて冷蔵庫で保存するのが理想的です。

皮をむいた状態で保存することもできますが、その場合臭いが強くなるため密閉容器や密閉袋で匂いを漏らさないように注意が必要です。

4つ目の要注意食材は傷んでしまった食材です。

傷んだ部分がある食材は傷んでいる部分から腐りやすく、腐ると臭いの原因となる硫化水素やアンモニアが発生しやすくなります。腐らせないようにするために、野菜はなるべく新聞紙でくるむなど工夫が必要です。

臭い対策として消臭剤はとても効果的

臭い対策として消臭剤はとても効果的です。わざわざ市販の消臭剤を買わなくても、脱臭効果のある食材があります。

例えば、コーヒー豆です。ドリップした後のコーヒーかすでも効果があるので、乾燥させて容器に入れ、薄い布などをかぶせて冷蔵庫の中に置いて置くだけで消臭剤となります。炭にも脱臭効果があるので、木材の炭や竹炭を冷蔵庫の中に入れておくだけで臭い対策となります。そこまで強くない臭いであればパンの耳等をトースターで良く焼いて焦がしたものを置いて置くだけでも効果が期待できます。

冷蔵庫の臭いを退治対処方法【まとめ】

冷蔵庫の臭いは、はじめは気にならない程度でも、積み重なっていくことで次第に強い臭いとなってしまいます。最大の臭い対策はこまめな掃除と食材を正しく保管することです。

庫内にたくさんの食材や調味料があれば、それだけ臭いの発生源も増えることに繋がるため、庫内の物をなるべく減らすことも大切です。庫内の物が少なければその分掃除も楽になりますし、うっかり忘れて放置してしまい腐らせてしまう事もなくなり、冷気も循環しやすくなり冷却効率も上がります。冷蔵庫内のものを少なくするためには、食材や調味料を買うときに買いすぎないように注意しなければならないため、節約にもつながります。

こまめに冷蔵庫内の掃除と整理を行うことで、冷蔵臭いの対策になるのはもちろん、庫内を清潔に保ち、期限切れなどの食材の存在を忘れてしまい冷蔵庫の中に溜まってしまう事もなくなり、すっきり片付きます。庫内が片付くと、次からの掃除も楽になり、いい循環が生まれます。

冷蔵庫は家族が口にするものを保存しておく場所なので、臭いはもちろん、清潔に保ちたいものです。棚やドアポケット、冷蔵庫内の壁部分はもちろん、部品が多く複雑な製氷機も定期的に掃除をするのが理想的です。

冷蔵庫の中を掃除しやすい状態に保っておく事も大切なポイントで、食材や調味料を買いすぎないように気を付けるのはもちろん、冷蔵庫内の収納の仕方も重要となります。ジャムやバターなどパンを食べる際に使用するものをまとめて一つの入れ物に入れて冷蔵庫内に収納するといった用途別に分類した収納は、使いやすく掃除する際にも入れ物ごと出してサッと掃除をすることができるのでおすすめです。

臭い対策にも冷蔵庫内や製氷機の掃除にも効果的なクエン酸をはじめ、食材の保存方法を工夫し、消臭剤や消臭効果のある食材を冷蔵庫に入れておくなどといった対策は、プロも効果を認めて実践しているものなので、冷蔵庫の臭いや掃除でお悩みの場合にはぜひ一度試してみてください。

冷蔵庫回収の検討がございましたら、是非宜しくお願い致します。


お客様サポート

冷蔵庫の買い替えや引越しで冷蔵庫が不用になりましたら、是非冷蔵庫回収のご検討をお願いします。
買取リユースに努めます。

ご検討中の方へ

冷蔵庫出張回収対応エリアの詳細です。

対応エリア

お問い合わせがありましたら、よくある質問をご参考ください。

よくある質問

対応エリアであれば、家電量販店の家電リサイクル回収よりお客様のコストや手間がなくお得です。