Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷蔵庫処分をするなら【リサイクル法対象製品リサイクル料を払って家電小売店で処分を】

冷蔵庫のリユースを考えている方には当てはまりません。
リユースをご検討の場合は、

冷蔵庫リユースをご検討中の方へ

をご利用ください。

リユース買取回収実績

冷蔵庫家電を処分を検討している方へ

自宅で使用しなくなった家電を処分するときは、定められているルールに従わなければなりません。

一般的なごみの場合は決められた時に指定の場所に置いておくことで回収してもらうことが可能ですが、家電は種類によって処分の方法が異なるので、ごみとして回収してもらうことはできません。

 

家電によっては、業者に依頼をすることでリサイクルをしてもらうことができるので、自宅にある家電がリサイクルできる物かどうか確かめることを忘れないようにしましょう。

処分の方法が難しい家電はいくつかありますが、その中でも特に難しいのが冷蔵庫です。

 

家電の中でも大きく、重いので自力で持ち運ぶことが困難なだけでなく、業者に回収してもらうためには手数料を支払わなければなりません。

最近は家電を購入した店舗で引き取ってくれるサービスを行っているケースが増えましたが、証明書や保証書が残っていない場合は引き取ってもらうことができない恐れがあります。

このような場合は他の方法を利用して回収してもらわなければなりません。購入した店舗に引き取ってもらう以外の方法はいくつかありますが、その中でも特に簡単な方法は家電を販売している小売店に依頼をしてリサイクルをしてもらうという方法です。

身近な場所にある小売店を利用する事で、自宅にある冷蔵庫をリサイクルしてもらうことができますが、依頼をする前に家電の所有者が手続きをしておかなければなりません。

手続きの方法を間違ってしまうと、リサイクルをしてもらえないだけでなく、小売店との間でトラブルになってしまう恐れがあるので、慎重に手続きをすることを心がけましょう。

小売店を利用してリサイクルをすることが決まったら、家電の所有者は郵便局でリサイクル券を発行してもらう必要があります。

家電を購入した店舗で引き取ってもらう場合「リサイクル券」は必要ありませんが小売店を利用してリサイクルをする場合は必ず必要になるので、忘れずに発行してもらうようにしましょう。

リサイクル券を発行してもらったら、必要な手数料をあらかじめ支払っておかなければなりません。他の方法を利用して冷蔵庫を処分する場合は、作業が終わった後に手数料を支払う必要がありますが、小売店にリサイクルを依頼する場合は作業を始める前に手数料を支払って必要があるので間違えないようにしましょう。

手数料の支払いを忘れてしまっていると、作業を開始することができないだけでなく、小売店との間で金銭的なトラブルになってしまう恐れがあります。

トラブルを未然に防ぎながら、スムーズに作業を進めるためにあらかじめ手数料を支払うことを忘れてはいけません。

手数料の支払いは郵便局を利用して振り込むことが可能なので、支払い忘れがありそうな場合はリサイクル券を発行してもらった後に手数料を振り込むようにすると支払いを忘れるのを防ぐことが可能です。

 

郵便局で振り込みをする場合、振り込みのための手数料が必要になります。

金額がわからない場合は担当のスタッフに確認しておくようにしましょう。

リサイクル券の発行と手数料の支払いが終わったら家電を回収してもらうための段取りを決めなければなりません、冷蔵庫を自家用車で利用して運ぶことができる場合は、小売店に連絡をした後に運搬するようにしましょう。

小売店によってはすぐに対応できない場合もあるので、あらかじめ連絡をして日時を決めておくことが大切です。

小売店に連絡をするときは冷蔵庫に関する詳しい情報を伝えるようにしましょう。

メーカーの名前や品番などを伝えておくと、スムーズに作業を進めることができます。

自家用車で家電を運搬することができない場合は、業者に依頼をして運搬してもらわなければなりません。

家電を購入した店舗に引き取りを依頼して、業者に家電の運搬をお願いするとリサイクルに必要な手数料とは別に、運搬に必要な手数料を請求されますが、リサイクル券発行してもらって小売店でリサイクルをしてもらう場合は運搬のための手数料を支払う必要はありません。

他の方法と比べると、何度も手数料を支払わなくても良いというメリットがあることを知っておきましょう。

業者に家電の運搬を依頼する場合は、あらかじめ予約をしておかなければなりません。

依頼をする時期によっては予約が混みあっていてすぐに対応してくれない場合があります。急いでリサイクルをしなければならない場合は、早めに予約をしておくか、いくつかの業者に連絡をして確認をすることでスムーズに運搬をしてもらうことができます。

業者に家電の運搬を依頼する場合は、早めに準備をしておくことを忘れないようにしましょう。

冷蔵庫を処分やリサイクルをするためには、様々な手続きをしなければなりません。

特に小売店にリサイクルを依頼する場合は特別な手続きが必要です。

小売店を利用してリサイクルをすることを考えている場合は、どのような手続きをしなければならないのか知っておくようにしましょう。リユースなら、面倒な手続きも減らす事ができおすすめです。

リユース依頼から引取までの流れ